キーワード検索:
 
カテゴリから検索
三河
中西
南部
尾張西部
尾張東部
北東
利用者部会
きょうされん


※顧客情報の厳守

当サイトでは、大切なお客様の情報を守り、発送等の業務以外に用いません。第三者に流出するようなことは、絶対にございません。 安心してお買い物をして下さい。

きょうされん
≪前の画面に戻る
所 在 地 :  〒164-0011
東京都中野区中央 5-41-18東京都生協連会館 5F
T E L :  03-5385-2223
F A X :  03-5385-2299
代 表 者 :  理事長 西村 直
U R L :  http://www.kyosaren.com/
E-mail :  zenkoku@kyosaren.or.jp
業  種 : 
業務内容 : 




製品紹介 こちらの施設で作製した製品です。

 

【JDブックレット1】私たち抜きに私たちのことを決めないで~障害者権利条約の軌跡と本質 【JDブックレット1】私たち抜きに私たちのことを決めないで~障害者権利条約の軌跡と本質

【仕様】
A5判 115ページ

【コメント】
本年1月、日本は141番目(EUを含む)の障害者権利条約締約国になりました。 日本障害者協議会(JD)は、この記念すべき時に「JDブックレット」を刊行。 JDが2013年度に開催した連続講座『国連・障害者権利条約の批准!ゴールでなく、新たなスタートに!あらためて障害者の権利とその保障を考える』から、その第1巻(創刊号)として、藤井克徳氏が登場。著者は、わたしたちに期待することとして、まず権利助役に馴染むこと、そして生かすこと、知らせることを挙げています。 本書は、巻末に条約全文など関連資料、初心者にも読みやすいように用語集も掲載しており、権利条約を学びやすい1冊である。多くのみなさんに手にしていただきたい。 *視覚障害等の理由で読めない購読者のためのテキストデータ引換券付き。 ◆もくじ はじめに 1.なぜ権利条約を学ぶのか 2.さまざまな人権条約の上に障害者権利条約 3.権利条約が制定されるまでのあしあと 4.権利条約の全体像と特徴 5.「他の者との平等を基礎として」を実質化するための3つの仕掛け 6.日本における権利条約批准の経緯 7.権利条約の日本での効力と法的な位置 8.権利条約発効に伴う条約上の義務と権利 9.批准を受けての当面の政策課題:未来を拓く10の課題 10.権利条約を日本列島の隅々に:1人ひとりに問われること むすびにかえて 用語解説(人物から法制度、組織など39項目) 資料1 障害者の権利に関する条約 資料2 障害者権利条約批准までのあしあと(年表) 著者 藤井 克徳 (ふじい かつのり) ★国連ESCAPチャンピオン(障害者の権利擁護推進)賞受賞(2012年) 日本障害フォーラム幹事会議長,NPO法人日本障害者協議会代表,きょうされん専務理事,公益財団法人日本精神衛生会理事,公益財団法人ヤマト福祉財団評議員,内閣府・障害者政策委員会委員長代理(2012年5月21日〜2014年5月20日)


【KSブックレットNo.20】鎮魂から復興へ−障害のある人たちの東日本大震災 【KSブックレットNo.20】鎮魂から復興へ−障害のある人たちの東日本大震災

【仕様】
A5判 69ページ

【コメント】
東日本大震災から3年。 瓦礫は片付いたものの、 町や人びとの生活は震災前には戻っていない。 特にふくしまでは、原発問題の深刻さは増すばかり。 あのとき、そして今を赤裸々に伝える “10人の証言”がここにある。 わたしたちは、障害のある人たちの死亡率が 障害のない人たちの2倍であったことを忘れない。 KSブックレットNo.18「満天の星空」の続編。ここに発刊! ■10人の証言(もくじ) 1 .はたらくことが希望になる (岩手県・陸前高田市 あすなろホーム施設長 西條一恵) 2. ゼロからのスタート (JDFいわて支援センター事務局員 栗田 誠) 3. 再建はまだまだ先かも・・・ (宮城県・石巻市 地域活動支援センターこころ・さをり施設長 熊田睦子) 4. なにもかも失ったからこそ見えてくるもの  (宮城県・女川町 きらら女川施設長 松原千晶) 5. たくさんの不安やストレスを抱えながら  (福島県・相馬市 ひまわりの家事務局長 村松恵美子) 6. 心休まる場所を  (福島県・南相馬市 あさがお施設長 西みよ子) 7. 原発事故と行政の対応  (福島県・南相馬市 元南相馬市健康福祉部長 西浦武義) 8. 南相馬ファクトリーと仕事おこし  (福島県・南相馬市 南相馬ファクトリー代表、自立研修所えんどう豆施設長・ 佐藤定広) 9. 将来に希望をもって  (福島県・二本松市 アクセスホームさくらサービス管理責任者 渋谷久美子) 10.わたしたちはひとりじゃない  (福島県・郡山市 JDF被災地障がい者支援センターふくしま元事務局長、共働作業所にんじん舎サービス管理責任者 和田庄司) ◎ご注文、お問い合わせは あいされんまで。


【KSブックレットNo.19】障害のある人と ともにあゆむ 相談支援 【KSブックレットNo.19】障害のある人と ともにあゆむ 相談支援

【仕様】
A5判 92ページ

【コメント】
障害のある人に 真によりそう「相談支援」とは... 「一件、16,000円...。相談者がお金に見えてくる...」といった、制度批判を含めた現場の声も聞かれるようになりました。  この間相談支援は、「利用計画」の作成等の事業として取り組まれるようになり、障害のある人たちの困りごとを受け、共に解決していく=相談支援活動が、単なる事務的な作業に矮小化されてとらえられる場面が多くなってきています。  きょうされん広報・出版・情報委員会では、今の情勢と現状を踏まえ、本来の相談支援とは何なのか、どうあるべきなのかを、実践を通じて再度考えていく必要があるという問題意識から、本ブックレットの発刊を企画しました。  本書では、実際に障害のある当事者を地域で支える、和歌山と埼玉の相談支援センターの実践を紹介。触法障害者の支援や行政との連携の仕方など、具体的な事例を取り上げました。  最後には、相談支援の基本的なあり方・方向性についての提示を、日本福祉大学 木全和巳 教授よりご寄稿いただきました。この間の相談支援をめぐる情勢の特徴と現状を踏まえながら、相談支援の制度の解説と問題点についての整理、「骨格提言」で提起されている相談支援のあり方の提示など、これからの実践への期待が提起されています。  相談支援専門員の方だけでなく、作業所、就労支援の現場やグループホーム等で障害のある人の日々の生活に向かい合っている方にも、ぜひ、ご一読いただきたい一冊です。 ◎ご注文は、あいされんまで。


共同作業所のむこうに −障害のある人の仕事とくらし 共同作業所のむこうに −障害のある人の仕事とくらし

【仕様】
A5判 224ページ

【コメント】
この35年間のきょうされんの共同作業所づくり運動のなかで 全国各地で展開されている多数の実践のなかから、 10ヵ所の共同作業所のとりくみを紹介。 さらに、「働く」ことからニーズと共に派生した「暮らす」ことのとりくみも収録。 最終章では、この35年間のきょうされん運動の成果は何であり、課題は何であるかを示します。 【 もくじ 】 ■プロローグ ・東日本大震災と障害のある人   (藤井 克徳・きょうされん常務理事) ・あこがれの地域生活   (秋保 喜美子・くさの実作業所・広島) ■第1章 給料にこだわって ・“労働者の証”   ( 堀尾 毅・社会的事業所ゆう・滋賀県) ・やさしいパン,ここにあり!   ―地域と生きるひかり工房の実践       (高井 賢二・ひかり工房・北海道) ・街の人とつながるクロネコメール便の仕事    (西谷 久美子・社会福祉法人はる・東京) ・ありのまま,そのままで主役になろう    (篠原 憲一・ゴー・スロー・熊本市) ・取り柄と得意技を生かしてチャレンジ    (天野 貴彦・社会福祉法人ウィズ町田・東京) ・生まれて初めて仕事に誇りが持てる    (西澤 心・ワークショップほのぼの屋・京都府)   ■第2章 生きがいのある仕事 ・障害の重い人のくらし   ―障害の重い人ほど快適で安心できる環境を     (磯部 光孝・のぞみの家・東京) ・給料で変わる意識「わたしの仕事」    (大野 健志・社会福祉法人さくらんぼの会・愛知県) ・働くことで誇りと人生を取り戻す    (西沢 重彰・工房ヒューマン・大阪) ・仲間とつながり,自分の生き方をつくる    (和田 庄司・にんじん舎・福島県)   ■第3章 自分らしいくらし ・「自分らしいくらし」を探して    -北海道・旭川市の林優子さんのくらし方 ・一人ひとりのくらしを支えることの大切さ    ―埼玉・鴻沼福祉会のくらし方 ・「自分らしいくらし」は地域を変えること   ―和歌山・麦の郷のくらし方 ・「自分らしいくらし」を支えるための大切な視点  (林 優子・あかしあ労働福祉センター・北海道)  (斎藤 なを子・きょうされん副理事長)  (小野 浩・きょうされん常任理事) ■第4章 未来を拓く ・地域でのくらしを支える共同作業所での実践   (赤松英知・きょうされん常任理事) ・ぶれない,こびない,あきらめない    (北村典幸・きょうされん常任理事) ・大切なことのこれまでとこれから    (藤井 克徳・きょうされん常務理事) ■おわりに (西村 直・きょうされん理事長) ◎ご注文、お問い合わせはあいされんまで。


【DVD】働くなかでたくましく 【DVD】働くなかでたくましく

【仕様】
(ドキュメンタリー)[1984年/日本/56分]

【コメント】
共同作業所の原点を伝える貴重な映像は、 “作業所づくり”を知らない世代にも新鮮に映る。 いま 時代を超えたDVDがここに完成! 1984年に完成した、きょうされん(当時は共同作業所全国連絡会)初の制作映画。 障害のある人びとの働く場所をつくろうと始めた「共同作業所」の輪が全国各地にひろがった時期に「その意義と役割を伝える作品」として製作されました。 それがこの「働くなかでたくましく」。 設立3年目の滋賀県のある共同作業所の日々の活動を追ったドキュメンタリー。 ◇監督・製作=西 啓子 / 撮影=佐伯 勝 / 出演=あゆみ作業所(滋賀県)のみなさん ◇(フィルムからの復刻版となります。画と音の不良箇所がありますことをご了解ください) ◇個人視聴用に限ります。 ◎ご注文、お問い合わせはあいされんまで。